ヤブに白癬菌と言われ、パルス療法までしたのに実は乾癬だった...医者に頼っていては治るものも治らないっ!なんとか自分で治そうと頑張っています(^o^)/
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
2番目の皮膚科
2009年09月16日 (水) | 編集 |
2番目の皮膚科はひどかった。
いや、一番目だってひどかったけど・・・。

2番目の皮膚科は総合病院内に。
他の科は大丈夫なのかもしれないけど、そこの皮膚科は、3人の大学派遣医が日替わりで担当してるようなとこ。
でも、そうは言っても総合病院だし、大丈夫だろうと思ったのが大きな間違いだった(-_-;)

まず最初の先生は、水曜日担当の40歳くらい、男性。
この時点で、私の爪はかなり悪化していた。
皮膚のほうも足の付け根のあたりがひどく、足の爪も悪化してきていたので、見ようによっては水虫?って思われそうな・・・。
顕微鏡でのぞいても白癬菌は見当たらないらしく、よくわからない様子
ここで、白癬菌があるかどうかもわからないような医者に疑いを持たなかった私っていったい・・・orz

何となく、ここでも脂漏性皮膚炎なのかなあって感じ。
でも、万が一、白癬菌だとしたらステロイドはダメなので、ステロイドなしの塗り薬を処方してもらうことに。

で、「また来週来て下さい。」はいいのだけどもさ。
「爪はこのままでいいんですか?」の問いに、「ああ、しばらく様子見てみましょう」って・・・( ̄▽ ̄;)
爪がひどくて何とかして欲しかったのに、様子見ってナニよ。

そうは言っても何とかしてくれるんだろうと、性懲りもなく通う私・・・。
次に行った時、「ああ、少し白癬菌がありますね。」と言いおった。

やっぱり水虫かっ!!!

で、「どうします?たくさん薬飲む方法と、パルスがありますが?」と。
説明を聞いて、胃の負担の少ないパルス療法をすることに決定。
その為には血液検査をしなくてはいけないと言うので、そのまま検査室へ。
「検査結果が出るのが1週間後なので、それで問題なかったらパルス療法に入りましょう。」

そして1週間後。
検査結果は異常なし。
1週間薬を飲んで、3週間休むパルス療法の開始でありんす。
1回にいちまんえんほどかかるこのお薬・・・でも治るんならいいやって思い、肝臓に負担をかけてまで飲みましたよ。

結局、3ヶ月ほどたって全部飲み終えたけど全く治らないですよ(T_T)
効きが悪いのか私は(・∀・;)って思い、ネットで爪に塗る薬まで買ったのに。

その頃には、金曜日担当30代半ばほどの先生、男性と、月曜日担当20代後半くらいの先生、女性にも診てもらっていた。
が、2人とも、最初の40歳くらいの先生になぜか気づかってる様子。

この時点で、もしや白癬菌ではないんじゃないか・・・と、思い始めていた私。
けど、どの先生も白癬菌のセンで話を進めている( ̄~ ̄;)
金曜担当は「もう一種類の薬を試したほうがいい」と言うし、月曜担当は「皮膚を採取して調べる」と言う。

皮膚を採取~\(@O@)/

月曜担当の女医のヤツ、私のフケ状のものを顕微鏡でのぞいて、ハッキリ「股部白癬です!」って言い切りおった。
「どうします?今やっていきますか?」って、同意書を出しおった。
皮膚を切り取るので、局部麻酔をするんだとか((;゚Д゚))コワー

信用できないのに、皮膚を切り取らせるわけないじゃん。
取りあえず後日ってことで逃げて2度と行かないことを心に誓ったのだった。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する